男の高収入

男性風俗ドライバーの求人の種類について

改正風俗営業法の影響とかもあってか、デリヘルや移動式SM会場、ツアー型ストリップ事業者などへの転身を余儀なくされた風俗営業者が続出し、それぞれの業者毎においての多くの男性風俗ドライバー募集に関しての求人が、公の場に出されたりするようになりました。
そして、それぞれの業種毎においての募集条件や応募資格なども異なる場合が多いので、情報を調べたりする際には、よくそれぞれの事業者の公式ページ上にある詳細記述や求人広告の紙面上の記載事項などを読みながら、風俗ドライバーとしての応募活動をしたりしていく姿勢がとても大事です。
デリヘルやホテヘルなどの場合には、個人のお客さんを相手にしたりする場合が多いので、ミニバンなどの大型普通乗用車や4tくらいのミニマイクロバスなどが多い傾向があります。これに対して、移動式SM会場やツアー型ストリップなどの事業者が出している求人広告などの場合では、やはり仕事に使用するグッズや会場において用いる衣装・大道具・サービス用品・お客さんへの差し入れプレゼントその他、様々な積載用品があるうえに、出場する女性スタッフであるSM嬢やストリッパーの人員移動などもしなくてはなりませんので、それだけに大き目な大型の車両が必要になります。風俗ドライバーになる際には、中型運転免許や大型運転免許なども必要な場合があるといえます。

風俗ドライバーの求人応募で注意する事

風俗業界は学歴・年齢など、求人の条件が比較的ゆるく、就職し易いとは言え、そこは客商売、サービス業です、それなりに求人基準があるものです。風俗ドライバーと言えど、しっかり準備して求人応募しましょう。
まず応募の電話をする時は、開店直後は避け、「風俗ドライバーの求人応募」であるという事をしっかりと告げ、簡潔に話をするように心がけましょう。開店直後は一般の会社と同じように忙しいものです。そして週末も忙しい事もあるので注意!昼に営業している店舗の場合は、空いている事が多い午後に連絡しましょう。担当者が出たら始めにしっかりと「風俗ドライバー求人募集の件でお電話させていただきました」と名前と要件を伝えます。受付の電話番号がお客さんと同じという事もあるので注意してください。ドライバーでも言葉使いは大切です。早口にならないように、そしていつもよりゆっくり話すように心がけましょう。その方が好印象を与える事ができます。
そして長話をしないように。長話はお店に迷惑がかかってしまいます。自分のプロフィールはすぐに言えるように、希望職種はドライバーである事を忘れずに伝えましょう。基本は他の業種への応募と同じで、確認しておきたいことはメモをし、スムーズに面接の約束をするようにしましょう。

風俗ドライバーの求人で月40万の収入も

普通のアルバイトなんかの求人情報を見ていても、中々高収入を得られそうにないというのが現実だと思うんですけど、風俗ドライバーの求人は違います。と言ってもこちらはそれとは別に求人行っているので注意しなくてはいけません。
ただ、最近はネットで簡単に見つけることができるので昔よりは随分楽に探せるようになったと言えるでしょう。風俗ドライバーのお給料的には、普通のサラリーマンの初任給よりも多いという程度でしょうか。20万円以上、30万円未満といった所かと思います。ただ、これも個人の頑張り次第でいくらでも上がる可能性がありますので、最低ラインがこの程度だという風に認識して頂ければと思います。
例えば運転技術が人並み以上で、女の子をより早くラブホテルまで届ける事ができるのであれば、1ヶ月に40万円なんて事も普通に可能になるかも知れません。この辺りはやはり多少の努力が必要になるかと思いますけど、そんなに難しい技術が必要という訳でもないですからね。ほんの少しの工夫を積み重ねていけば十分に実現可能でしょう。ちなみに、従業員のための寮が存在している事もあるので、そちらに住めば家賃などの節約に繋がるかと思います。数ヶ月から1年程度頑張れば相当な金額が貯金できると思うので、思い切って風俗ドライバーの求人にトライしてみてもいいでしょう。